Home > お米についてのあれこれ > お米の流通って複雑

お米の流通って複雑

色々なルート

 食管法が廃止されてからは色々な流通経路ができました。
昨今の食の偽装や不正といった問題は複雑な流通の仕組みも要因の一つではないかと思います。
お米に関しても、貯蔵性があり、単価が高く、取引数量が多いため、不正が入りやすい商材であることは確かです。

 以下にいくつかの代表的な流通例をあげてみました。

 消費者にとって一番わかりやすい購入の方法は、①の生産者から直接買うことでしょうか。しかし、そのような購入ルートのない消費者が大半です。
また、生産者の多くが消費者への直接販売に手がまわらないといった実情もあります。

 当社からの購入は②になります。

 一般的には③でしょうか。

 他にも色々な購入ルートがあります。毎日 口にするものですから、信頼のおけるルートで購入したいものです。 
お問い合わせはこちら