Home > 「魚沼 季節めぐり」 > 「季節めぐり 春」

携帯電話用QRコード

株式会社吉野屋 reliance yoshinoya モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

    カートでのご購入は・・・



↑興味のある方はクリック


 
 

【受付について】

TEL:025-799-2120
9:00~:17:00
[ 営業日をご確認ください ]

FAX:025-799-2343
[ご注文方法 に専用注文書もあります]

メールアドレス:
ex-yoshinoya
       @clock.ocn.ne.jp



「季節めぐり 春」

平成31年~令和元年 春

5月19日 至福の季節

 ゴールデンウィークから、暖かく穏やかな風が吹く日が続いています。
まさに風薫る五月、令和のスタートは上々。


 野山の緑も日に日に色を増し、標高の高い山では緑が山頂目指し駆け登っています。 

そんな陽気に誘われて、私も山を駆け登っています・・・  実際は、息を切らし重い足を一歩、また一歩と。自分では、なんとか駆けているつもりなのだけれども、人が見ればその場で足踏みしているようと想像できるほどの速さで。
だらけた体に負荷をかけてやろうと、いわゆるトレランではなく、舗装された山道を走っています。
ここ数年、この時期に山では毛虫が大発生し、芽吹いたばかりの木を丸裸にし、また新たな葉を探し求めて移動を繰り返し、ついには山を丸裸にする。道路が有ろうが構うことなく大挙して横断する、鳥肌が立つような光景が続いていました。
それが今年はまったく目に付きません、冒頭に書いたようにまさに「風薫る五月」何をしても気持ちの良い季節と実感。

たいした標高差ではなくても、汗を流し、息を切らせ、なんとか登り切った先には、魚沼の優しい風景と心地よい風が待っています。しばし休んでクールダウン。下りは足を痛めないように、そして景色や鳥の声に蛙の声を聞きながら、ゆっくりと。

だいぶ日が長くなっているので、午後の遅い時間に走り出して、走り終え家に着くのは夕方暗くなり始めるころ・・・ あとは一杯やるだけ、至福の時間の過ごし方でした。
体は重いが、気持ちは上は、空へ
見ているだけも涼しくなる、ひと息入れる
影が伸びてきた、あとどれくらい走ろうか
まもなく家、そして至福の時間の総仕上げをしなけらば

4月30日 平成最後の日に

平成最後の日に、ふと振り返る。さすがに30年を振り返るには重すぎる。この冬から春をたどってみると。

小雪で雪解けも早かった今シーズン。春先の締まった雪の上をどこどこと突き進む雪遊びもできず、かといって早春の芽吹きはじめる野山を楽しんでいる訳でもない。
3月末から4月に幾度となく降雪があり、暦と季節に大きなずれを感じる日々。子ども達の進学進級に生活の中心を置き、気が付けばゴールデンウィーク真っただ中。そしてやっと終わったスギ花粉の飛散。一週間前までは山に杉以外に緑は無く、コブシの白い花が山のあちこちに点々と見えるのみ・・・が、この一週間で一気に芽吹き山が緑の装いに。

普段は静かな魚沼の国道252号線も、冬期通行止めが解除されたばかりのゴールデンウィーク中はクルマにバイクに自転車が行き交い、まさに春の芽吹きの勢いのごとき賑わい。

明日から令和、この先は暖かくなり、少しは落ち着いた時間が過ごせるかな。

4月に入り積雪ゼロ、水仙も咲こうかなぁ・・・としているところへ
今年の桜は、どこもきれいに咲いていたが、寒くて花見陽気ではなかったね
ゴールデンウィーク初日、下界の喧騒をよそに、山の上の穏やかな時間
我が家の畑の一角、にょきにょきとスズランの賑わい
お問い合わせはこちら