Home > 「魚沼 季節めぐり」 > 「季節めぐり 夏」

携帯電話用QRコード

株式会社吉野屋 reliance yoshinoya モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

    カートでのご購入は・・・



↑興味のある方はクリック


 
 

【受付について】

TEL:025-799-2120
9:00~:17:00
[ 営業日をご確認ください ]

FAX:025-799-2343
[ご注文方法 に専用注文書もあります]

メールアドレス:
ex-yoshinoya
       @clock.ocn.ne.jp



「季節めぐり 夏」

平成30年 夏

8月1日 涼を求めて 夏休み

全国的に暑い夏、ここ魚沼も例外ではなく、7月に入ってからここまで連日のように30℃超えは当たり前。「35℃で普通なんじゃない」と言ったところ。
もともと魚沼市はフェーン現象により新潟県内一番の暑さを記録することが多い場所でもある。

子どもは学校のプールで泳げるので涼しくていいなぁー、などと思っていたら、猛暑のためプール開放は中止だと。水温が高すぎ、また猛暑の中でのプールへの行き帰り、子どもの体調まで管理できない、といったことが理由らしい。

猛暑で体調を崩すのは困るが、エアコンの効いた部屋でゴロゴロも困る。連れ出さねば。

 81日は早朝より仕事、しかし午後には時間も空く、そして暑さも“半端ないって”いう好条件。そこで「万年雪を見に行く」と子どもたちを引っ張り出す。 
・・・本当は、気分転換として親が単に涼みに行きたいだけなのだが。

場所は荒沢岳の北側、山頂直下にある“中荒沢万年雪”である。日本最大規模を誇る奥只見ダムと奥只見湖、その湖畔にある銀山平からは比較的簡単に行くことができる。地図を見ると荒沢岳周辺には万年雪記号をいくつも見ることができる。
しかし、遊歩道として整備され気軽に?行けるのは“中荒沢万年雪”へ至るルートだけだと思う。そしてそこは広い魚沼市の一部でもある。

午後1時すぎ、に家を出る。クルマに付いている外気温表示は、グングンと上がり始め、最高で36℃に。これから涼しい所へ行くのだから、涼しさが実感できるようにクルマのエアコン切って行こうぜ、と提案するも大ブーイングに合い、あえなく却下。



しかし、間もなく奥只見シルバーラインにたどり着く。ここは全長22km以上あるがその8割ほどがトンネルという、地下世界。トンネル内を進むと徐々に気温が下がり、車内に表示される外気の温度は17℃に。もう十分に涼しいからここで帰るか、と提案すると、またしても大ブーイング。
親のワガママに振りまわされつつも楽しそうな子どもたち。




シルバーライン終点までは行かず、途中でトンネルを出て銀山平へ。
ここは標高750mほどであるが気温はまだ30℃もある。 

銀山平キャンプ場で遊歩道への入場料を払い案内図をいただく、そしてゲートを開けてもらう。聞けば、午前中には何組か向かったそうだが、今はだれもいないと。週末は訪れる人も多いだろうし、また平日であろうとも山へ向かう人は早めの出発が原則、午後から目的地を目指す人はそうはいないと踏んでいたので、狙い通り貸し切り状態。 



クルマでドン詰まりの駐車場まで行く。さて、クルマを降りようにも、銀山名物のアブがクルマの周りを絡みつくようにモウモウと飛んでいる。
暫し思案。
虫よけスプレーを腕や服にかけ、意を決して外へ出る。あれ?、アブはほとんど寄ってこない。人が動いている限りは刺されることも無い、しかし、相変わらずクルマの周りにはアブがモウモウとしている。 

案内杭を見つけ、万年雪遊歩道へ入ると、もうアブは全くいない。アブは一体クルマの何が気に入ったのだろう? 色の濃い大きな塊がクルマではなくクマに見えるのだろうか。



遊歩道は草刈りをしてあり、危険個所にはテープが張ってある、急斜面ではトラロープを伝って登り降りができるようになっている。子ども達は普段の格好そのままで、苦も無く進んでいる(さすが山の子)が、靴はシッカリしたものを用意した方が良いだろう。 

遊歩道の所々から雪が見えるようになると、子ども達は待ちきれないようで、小走りでドンドン進んで行く。





遊歩道入口からは30
分と掛からずに万年雪の末端に到着。急峻な谷を覆う雪原が上へと続いている。 

子ども達は、末端部分の雪のトンネルから出てくる冷気に寒い寒いと大はしゃぎ。トンネルに近づくと、ここまでに汗ばんだ体にはちょうどいい冷気。さらにトンネル出口まで行くと、身体が締まるような冷たい風に包まれる。沢となって流れ出てくる水はまさに身を切る冷たさ、春の雪解け水とは違う冷徹さを持って雪の下から流れでくる。

危険なのでここでは雪の上へは上がらないようにと入場時に注意されている。



しばらく冷気を浴び清涼感を味わったので、遊歩道に戻り万年雪を見渡せる展望台へと向かう。 

ほどなくして展望台へ到着。展望台といってもの遊歩道のドン詰まりで何か整備されている訳ではない。しかし、そこからは“展望”という言葉を使ってもいいと思える壮観な眺めが連なっている。



荒沢岳山頂付近の荒々しいスカイラインの下、狭い谷を左右に揺れながら雪の量を増やし、本城の滝でいったん途切れるが、その下に広がる万年雪の雪原。午後3時の幾分か柔らかくなった陽射しが当たる斜面は見ていて飽きない。 



少し降り、万年雪の上に出ることにする。この付近では雪の上へ上がるなとは注意を受けていない、自己責任でということだろう。自己責任であれば何をやってもいい訳ではない。子ども達には、きちんとした装備と対処ができないと反対側の斜面までは行けない、この端っこのほうで遊ぶこと、と諭す。
・・・しかし、雪の上であればどこでもいいようで、滑って転んで遊びまくり、手が真黒だーと拭いつけにくる・・・まったくもー、である。 



実際この雪の下はどうなっているのだろう? 
大きな沢の流れがあり雪のトンネルやドーム状の空間が連なっているのだろうか、それとも分厚い雪の下に細い水の流れが幾筋もあるのだろうか、いずれにしても誰も見たことがない、冷たい地下世界が足下にある。 

ここは北側に流れる急峻な谷とはいえ、大きく開け明るい、眺めも良く、しかも涼しい、光の加減で風景が色々と変化しそう。こんなところで一晩過ごしたら面白いだろうなと思う。

でも、山でのテント泊の経験は無いし・・・、季節の変化なら楽しめるか?紅葉の時期また来ようか? その時は1段しか見ることのできなかった本城の滝の、2段目、3段目も見ることができるかもしれない。

ここから下界へ帰るのも少しばかり気が滅入るが、夏休みとはいえ案外忙しい子どもたち、午後5時くらいには家へ着きたいと、腰を上げることにする。

家からは、クルマと徒歩で1時間ちょっとでたどり着ける別世界、半日遊ぶにはちょうど良い距離と場所である。



下界に戻る。 

車窓からの夕方の眺めは何時もと違い、なんだか澄んだ空気、まるで秋口のような空だね、と話をする。楽しい時間を過ごし、帰って来ると時間がずっと進んでいる、これは浦島太郎現象なんじゃないかと。

しまった!、夏休みが終わったのか!、と子どもたち。

我が子は皆、夏休みの宿題はラストスパート型、しかもゴール前で息が切れることも度々。

「どーしよう? 」 と半分真面目に考えている。

・・・これが3週間後に繰り返されるのか、不意に背筋が寒くなる。

 

家族の話にお付き合い頂きありがとうございます。




      『夏休み 宿題ものがたり』へ 続く  click







7月 上旬 涼を求めて

 

7月上旬の10日余りの間に、魚沼市内の名所や施設をめぐる機会があったので、そのうちの幾つかを紹介。 

 7月最初の日曜日、まずは大倉の馬頭観音へ。 

鳥屋ヶ峰の中ほど標高約400㍍にあり、たどり着くまでに200段の石段を上らねばならない。山の中腹で涼しいかと思いきや、当日の魚沼市の最高気温は34~35℃、ここも例外ではなく、涼しくはなかった。

蝉しぐれの中を黙々と上ること暫し、軽く汗ばみつつ社に到着。ン十年前に訪れた記憶とは違い、広い境内、そして、車で上がって来ることのできる道があるではないか。
参拝いと軽い散策を済ませ、石段を下りながら、思う。やっぱり自分の足で上がらないと御利益がないだろうと。しかし、何を思い拝んできたのか思い返すと、はて?、ただ手を合わせただけか。これでは何の御利益も期待できないか。

 

その後、目黒邸へ。

ここは、国指定重要文化財で江戸時代に建てられた豪農の邸宅、我が家からは車で5分ほどの場所に位置します。

しかしながら、これだけ近いと、もう知っている気になって、一度も入ったことがありませんでした。今回、初めて入場、しかも案内付きで。

昭和40年代までは実際に住居として使われていたそうで、現在は住んではいませんが仏壇等は現在も使われているとのこと。

大きな邸宅の中は、涼しく、これは大きく高さもある茅葺屋根の構造からとわかる。

しかし、広い空間の一角にある囲炉裏には火が入っている。しっかりと炎も上がっている。聞けば、この大きな建物を維持するには、1年中(当然夏も)火を絶やさず、建物を燻しておかなければいけないそう。現在は、夜間は火を落とすそうだが、当時は1年365日、24時間!、火を絶やすことは無かったそう。当日は天候も良く、すべての戸を開けていたこともあるだろうが、火が起きている囲炉裏があるのに、暑さを感じさせない。黒く重厚な柱や梁のある空間は荘厳で、涼しく、全くもって大きな建物ということがわかる。

 

翌週は、同じく魚沼市内にあるダムの見学へ。

新潟県が管理する、発電は基より、治水、用水と多目的に利用される、広神ダム。ここも我が家からは車で5分程。

管理棟の見学の後、ダムの堰堤内へ。エレベーターに乗り最下部へと向かう。扉が開くと、天井、壁、床、すべてが結露し、床の水路には水が流れている。

気温は12℃、外気温との差は20℃ほどか、肌寒さを感じるほどではないが、湿度が高くスッキリとした心地よさはないか。冬はもっと温度が下がるが、結露はしないそう。

短時間ではあったが見学を終え地上に出ると、
・・・ダム湖を渡る心地よい風が頬をなでる・・・、
とはいかない。梅雨の大雨に備え、水位が低くなっている、しかも今年は空梅雨で早い梅雨明け、なんともダムとしての見栄えはイマイチ。そこには心地よい風も存在しない。
早々にエアコンの効いた車に乗り込む、
          ・・・心地よい清涼感はここにあった。

 

梅雨明けしたとはいえ、すっきりとした夏の陽気ではなく、まとわり付くような暑さ、涼を求めての市内あちこちでした。
他にも、魚沼市内涼しい所は色々ありまーす。





大倉の馬頭観音
目黒邸
広神ダム
市内あちこち

6月23日 ヒメサユリに会いに

浅草岳は魚沼市と福島県只見町にまたがり、標高は1585m。我が家からは登山口まで1時間足らずでたどり着けます。しかし、そこから山頂までは結構な時間を要する山です。別ルートもあるのですが、今回の目的「ヒメサユリ」を見るなら片道5時間のルートがベストであると。
6月後半から7月前半が「ヒメサユリ」の時期。
また、山開きにも重なり、例年多くの登山者が訪れます。

数年前より計画は練っていたのですが、梅雨の空模様もあるしと、毎年 消極的に考えていました。

しかし、今年は重い腰を上げることに。

当日、山間の小さな駐車場は車であふれていました。「新・花の百名山」に選定されているからでしょうか、県外ナンバーも多数。遠方よりの登山者は車中泊で対応しているようです。地元民の私は午前7時と、遅めの出発となりました。

登山開始から約2時間、最初のピークに到着。ここから浅草岳山頂まで、3時間のフルコースが始まります。

正面になだらかな山容の浅草岳があり、尾根伝いの登山道の右側は垂直に落ち込んだ崖となり、その先にクロス十字を描く田子倉湖、左手には慣れ親しんだ魚沼の山々が重なっています。

そして本日のメイン「ヒメサユリ」は尾根沿いの登山道、日当りの好いところに点々とピンク色の花を咲かせています。
ユリの花としては小さい部類でしょうが、標高の高い山には他に大きな花は無いようで、人を引き付けるには魅力十分です。
また、この時期は様々な花が足下から頭上まで賑やかに咲いています。花には詳しくないので名前は上げられませんが、足下には白や黄色の小さな花々、ウスユキソウ(日本産エーデルワイス)に、ヒメサユリとニッコウキスゲが並んで咲いていたり、白やピンクに真赤なドウダンツツジもあふれるように咲いています。

同じように老若男女、個人から団体まで、多くの登山者も細い登山道を花と共に賑わせています。

このルートは眺めも素晴らしいですが、アップダウンが激しく、花を目的とし、途中で引き返す登山者もいます。コースのキツさも含めフルコースの3時間を満喫し、浅草岳の山頂へ到着。

なだらかな山頂付近には雪渓があり、ここまでのルートと様相を逆転させます。

同じルートで帰るのはキツイと思い、別ルートで下山、全行程8時間12㌔でした。

えっ、そんなに掛かったの? というほどに時間を感じさせない充実した登山となりました。

・・・むくむくと、登山熱が出そうな予感・・・




ここから上へ下へ右へ左へ、ジグザグジグザグ3時間。
高嶺の花 ヒメサユリ
涼しい風が吹き上げる谷、鳥たちのさえずりが木霊する。
ほんの一部です。
お問い合わせはこちら