水源

水源・大清水

 美味しい米の栽培に欠かせないのが水でしょう。
そこで、地域の水田を潤す水源の一つを紹介します。 


 会社から車で山へ向かうこと3分ほど、農業用堤に着きます。さらに堤に流れ込む水路をたどって行くと、林の中にこんこんと水が湧き出ている場所に突当たります。ここが「大清水」、農業用水のみならず水道水として、くらしに欠かせない湧水です。

 鳥屋ヶ峰に降った雨や雪が地下水となって湧き出ている場所です。この湧水を登って行ったところには薬師様が祀ってあり、この場所が地域の大切な場所であることを示しています。

 堤から清水までの間には小さな池がいくつかあり、山を住みかとするモリアオガエルのオタマジャクシ、クロサンショウウオの幼生や、色々な水生昆虫が見られます。飛翔昆虫を主食とするツバメもここまでは飛んでこないので、トンボも色々な種類が飛び交っています。

 7月の暑い日、子どもと一緒に涼を求めて散策。
お問い合わせはこちら